発毛・育毛・増毛・植毛、それぞれの違いと特徴

発毛について

発毛とは、頭皮で髪の毛が生えていない部分に髪が生えてくるように促す作業をすることです。

髪が生えてこない原因は遺伝であることも多いですが、毛穴に汚れた皮脂が詰まっていたり、古い角質が残ってこびりついていることで発毛できなくなっているということもあるものです。

ですから発毛させたいのであれば洗浄効果の高いシャンプーや髪が生えやすくするために頭皮マッサージなども行うと良いです。

また、発毛を促すために頭皮に必要な栄養成分を与える必要がありますから、美容成分や保湿成分が配合されている高品質のシャンプーを使うようにもしましょう。

頭皮の血行を促進させるミノキシジルは、発毛に効果的な医薬品です。多くのクリニックでAGA治療薬として使われています。

これらの治療薬を使った体験談も載せておりますので、ご一緒にどうぞ。

【関連記事】AGAの薄毛治療を上野のクリニックで受けてきた【体験ブログ】

育毛について

育毛とは、産毛で生えてきた髪の毛を黒く丈夫な髪の毛にするために髪を育てていくことです。

いくら髪の毛が生えてきても、すぐに抜け落ちてしまったり伸びなければ意味がないものです。

ですから黒く丈夫な髪を生やすようにするためにも毛穴の引き締めや頭皮の血流を良くするためのヘッドスパなどを取り入れていくと良いです。

そうすることによって抜けにくく丈夫な髪の毛にすることもできるものです。

育毛ケアというのはまだ髪の量が減っていなくても、弱くコシや艶がないと感じた時から行うのが理想なので、髪質が変化したら抜け毛予防のためにも育毛ケアを取り入れていきましょう。

また、プロペシアやザガーロ、ファイザーなどの脱毛因子を阻害する医薬品は、抜け毛を防ぎヘアサイクルを正常化することで育毛を促します。

AGA治療薬ザガーロの特徴を解説
AGA治療薬プロペシアの特徴を解説

増毛について

増毛とは、薄くなってきた頭皮の髪を増やすことです。

クリニックなどで薬を飲んで、薬の力で髪の量を増やす他、生活習慣の改善、食生活の改善によって増やすこともできます。

また、育毛シャンプーで抜け毛を減らすことによって増毛できるということもあります。

ですが短期間で増毛したり、目に見える効果が欲しい時は薬でないと効果が感じられないことも多いので、カツラの使用が嫌で早く増毛させたい人であればAGAクリニックに行って医師に薬を処方してもらうというのも良いです。

薬による副作用にも注意しながら自分にあうものを利用していくと良いです。

植毛について

植毛とは、自毛を移植して人工的に埋め込むことによって髪を増やしていく方法です。

ウイッグやかつらなどと違い自分の本当の髪を利用することができるので、仕上がりも自然になるというのがメリットです。

自分の髪を使うということで満足度も高くなります。

費用はかかりますが、かつらやウイッグなどのメンテナンス費用のことを考えれば、植毛をしたほうが満足度も高く、総合的に費用も安くなるということがあるでしょう。

植毛するにもある程度の長い期間の通院が必要なので、自分が通いやすいところや相談しやすいところを選んで植毛していくと良いでしょう。