AGA治療で用いられる医薬品の種類と効果

AGA治療に使われる医薬品は、ある程度決まっています。

臨床試験を経て治療効果があると認められたものが、安全基準の範囲で用いられます。

ここでは、発毛効果や抜け毛抑制効果などが国によって認められている、AGAで主に使われる医薬品をご紹介します。

プロペシア(フィナステリド)

AGA治療薬でもちいられる薬のプロペシアは、世界でも高い効果が認められています。

AGAは、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが通常より多く分泌されることが原因です。

この作用により毛乳頭細胞が刺激され抜け毛を増加させ、薄毛の原因となります。

この抜け毛を予防してくれるのが、この薬に含まれている成分のフィナステリドです。

この成分は、抜け毛予防の有効成分として開発された成分で、日本でも厚生労働省から認められています。

1日1回服用するだけで、薄毛の原因となる男性ホルモンの分泌を抑えることに効果的です。

より詳細に知りたい人は下記の関連記事をお読み下さい。

AGA治療薬プロペシアの特徴を解説

ザガーロ(デュタステリド)

ザガーロは、2015年に厚生労働省が認めたAGA治療薬です。

まだ治療薬としては新しく、AGA治療薬としての馴染みは薄いといえます。

ただし、前立腺肥大症の薬としての実績は高く人体に対する安全性は実証されているので安心です。

この薬の主成分は、デュタステリドです。

この成分は、AGAの原因であるジヒドロテストステロン の生成を阻害する作用があります。

また、フィナステリドよりも効果が期待できるのが特徴です。

この薬もプロペシア同様、男性ホルモンの分泌を抑えることで抜け毛を予防してくれます。

1日1回1錠飲むだけだから、簡単に利用可能です。

AGA治療薬ザガーロの特徴を解説

ミノキシジル

ミノキシジルには、服用するタイプと外用薬として塗るタイプの2種類があります。

AGA治療が初めてという方は、まず塗るタイプから始めるとよいでしょう。

服用タイプは効果が高い分、副作用の心配があるので医師と相談しながら服用することをおすすめします。

この成分は、もともと高血圧症の治療薬として開発されました。

そのため血管を拡張することで血流を良くするのに効果的です。

塗るタイプの薬剤なら、塗布した部分の毛細血管に作用し患部の血液の流れを良くしてくれます。

これにより毛髪に栄養分がいきわたり発毛促進効果が期待できます。

AGA治療薬ミノキシジルの特徴を紹介

HARG療法やメソセラピーなど

AGA治療には投薬による方法の他にも、様々な方法があります。

メソセラピーは、そんな治療法の1つです。

この方法の特徴は、短期間で効果が実感できる点です。

薄毛の患部にレーザーと超音波を用いて発毛や育毛に効果的な成分を直接患部に浸透させる施術です。

HARG療法は、乱れてしまった毛周期を正常な状態に戻す方法です。

毛サイクルが休止している状態の部分に成長因子を注入することで毛母細胞を刺激し、発毛効果を高めます。

この方法は、治療を終えても発毛効果が持続することが特徴です。

自分の頭皮から自然な髪の毛が生えてくることを実感できます。

個人輸入は自己責任

これらの薬は個人で輸入することも可能ですが、リスクが伴います。

安全にAGA治療薬の処方を受けたいなら、AGA専門のクリニックを受診するのが一番です。

病院での治療がどのようなものか興味がある方は、上野のクリニックで実際にAGA治療を受けた体験談を掲載していますので、ご一読ください。