AGA(男性型脱毛症)の発症原因とは?

AGAの原因について

抜け毛が増えてくる、薄毛が気になるという場合には、原因を把握することも大切です。

ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種が原因になることもあり、ヘアサイクルの成長期に関して期間を短くしてしまうことにより抜け毛増加につながる可能性があります。

また、それ以外にも親など身内からの遺伝によって薄毛になりやすい体質が受け継がれてしまうことが原因の一つです。

AGAの場合には、生活習慣やストレスなど日常生活の中にも原因があるため、若い世代であっても薄毛に悩む方は増えています。

自身の抜け毛増加や薄毛の原因をチェックして対策をしていきましょう。

AGAの進行の仕方にも分類がある

AGAは進行が比較的ゆっくりという特徴があります。

また、額の生え際から進行する場合もあれば、頭頂部から進行する場合もあり、前頭部と複合して症状が出ることもあります。

進行が遅いため定期的に頭皮、頭髪の状態を鏡などでチェックしておくことや抜け毛が増えていないかなど入浴時などに排水溝に溜まる髪の毛などが増えていないかチェックしておくことが大切です。

進行に気づくのが遅れるとその分、対策が遅くなりかなり進行した状態になると見た目などにも影響してくるため、周囲からの視線が気になるなどコンプレックスを抱えてしまう可能性もでてきます。

自分の頭皮をセルフチェクしてみよう

自分で頭皮、頭髪の状態をチェックすることでできるだけ早い段階でAGAかどうか判断するといいでしょう。

髪の毛のボリュームがなくなってきている状態は、抜け毛が増加している可能性があります。

また、生え際に関して額が広くなったと感じる場合には、前頭部からAGAが進行している可能性もでてきます。

自分の手、指などをあてて今までより額が広がっていないかなど定期的にチェックしておきましょう。

遺伝による原因をチェックするには家族、親族に薄毛の方がいないかチェックすることができるため、比較的簡単に把握することができます。

AGAではない抜け毛・薄毛に要注意

薄毛はAGA以外の症状でも発症します。

AGAとは症状が違うためチェックしてみるといいでしょう。

脂漏性皮膚炎の場合には、皮脂を好む菌が異常繁殖してしまうことにより、頭皮などに炎症が起きてしまう症状です。

頭皮環境が悪化するため抜け毛増加の原因になります。

円形脱毛症は、円形に脱毛する症状のため頭皮の一部分だけ極端に髪の毛が抜けてしまう状態です。

抜け落ちる速度がはやいため、AGAとの症状の差がはっきりとわかる点が特徴といえるでしょう。

さまざまな症状により抜け毛や薄毛に悩む方も増えていますが、症状や原因を把握して自分なりに対処する、専門の医療機関などで治療を受けることも大切です。